350

スポンサーリンク


夏バテに甘酒の効果的な飲み方は?甘酒が効果あるのは寝る前!

飲む点滴と言われる甘酒の効果的な飲み方はどの様に飲むのが良いのでしょうか?甘酒が効果あるのは寝る前はとはどのようなことなのでしょうか?甘酒はその昔、点滴が無い時代から水分と栄養補給に使われていたそうです。

今日はそんな甘酒の効果的な飲み方と寝る前に飲むのが何故
効果的なのか調べていきたいと思います。
>>チェック楽天市場甘酒レビュー件数の多い順

甘酒の効果的な飲み方は?甘酒が効果あるのは寝る前!

最近の研究で甘酒は美容やダイエットにも効果があると分かってきました。江戸時代は夏バテ予防に甘酒がいいとされ、夏の飲み物として飲まれて
そうです。

甘酒を効かせる飲み方は1日2杯

甘酒の健康効果を効かせるには、1日2杯、朝と晩に毎日飲むのがお薦め。「甘酒は栄養価が高く、バランスのとれた飲み物なので、一年を通して風邪予防にも最適です。近年の研究で、酒かすに多く含まれる清酒酵母が、アデノシンA2A受容体を活発にし、睡眠の質を改善することが報告されています」

甘酒の効果的な飲み方は?

■甘酒+ショウガ(小さじ1) ショウガの成分で温め効果アップ
12月生姜.PNG

ショウガにはジンゲロンとジンゲロールなどの辛味成分が含まれている。皮つきのすりおろしたショウガを加えることで、手や足の末端にある血管を開き、血流を促して体を温める。さらに、甘酒のペプチドとの相乗効果で血圧を上がりにくくする効果も期待できる。

■甘酒+豆乳(1/3カップ:約70ml) たんぱく質補給にぴったり、さっぱりとした飲み口に

豆乳.PNG

牛乳と同じくらいたんぱく質を多く含む豆乳。乳糖不耐性の人でも豆乳であれば、たんぱく質を補給することができ、大豆イソフラボンによる美肌効果も期待できる。加える場合は、砂糖を含まない無調整豆乳がお薦め。飲みやすく後味もサッパリ。

■甘酒+陳皮(ひとつまみ) 漢方でも使うミカンの皮で血の巡りを促す
みかん.PNG

ミカンの皮を乾燥させたものを「陳皮」といい、1年以上陰干したものは生薬として使われる。陳皮に含まれるポリフェノールの一種・ヘスペリジンは、血流の改善を促す作用がある。血の巡りがよくなることで、全身を温める。

■甘酒+ヨーグルト(大さじ1) 動物性の発酵食品で整腸効果が大幅にアップ
ヨーグルト.PNG

ヨーグルトは乳酸菌が牛乳を発酵させてつくる動物性の発酵食品。植物性の発酵食品である甘酒と組み合わせることで整腸作用が期待できる。「朝、時間がないときなど、朝食代わりにコップ1杯、甘酒ヨーグルトを飲むのがお薦め」

「米麹甘酒」と「酒粕甘酒」違いは何?

甘酒には、米麹を原料とするタイプと酒粕を原料とするタイプの2種類があります。

米麹甘酒は、米に麹菌を繁殖させてできる米麹からできたもの。甘みはお米に含まれるでんぷんの優しい甘みが特徴です。この甘みは米麹そのものからきていて、砂糖などは入っていません。「飲む点滴」とも呼ばれていて、アルコールも含まれていないので、菌活にはこちらのタイプがおすすめ。

それに対し酒粕甘酒は、日本酒を作ったときにできる酒粕に水と砂糖を加えたもの。強い甘みとアルコールの香りが特徴です。

それぞれビタミン、ミネラル、アミノ酸といった豊富な栄養を含んでいます。どちらもスーパーで販売されているので、購入の際は原料をしっかりチェックして選びましょう。

甘酒はいつ飲むのが効果的?

ダイエットしたい時は「朝」
甘酒でダイエットしたい人は朝に飲むのがおすすめ。一日の始まりに代謝がアップすることでカロリーを消費しやすくなるそう。甘いものが欲しくなった時や小腹が空いたときの間食としても◎。米麹甘酒には100種類以上もの酵素が含まれており、たんぱく質をアミノ酸に、糖質(でんぷん)をブドウ糖に…など、食べ物の消化・吸収を助けると同時に代謝を高め、エネルギーを消費しやすい体質にしてくれます。

また、午前中は体が排泄モードになっているため、便通をスムーズにしたい人も朝に飲むのがおすすめ。麹に含まれる食物繊維、乳酸菌、腸の善玉菌を増やすオリゴ糖やペプチドなどを摂取することで腸内環境がよくなり、便秘が解消されやすくなります。

ただし、飲み過ぎには注意。製品によって違いますが、小さめのコップ1杯程度で約100kcal。砂糖が入っていないとはいえ、一日に何杯も飲んでいるとエネルギーオーバーになってしまうので、適量を心がけましょう。

甘酒が効果あるのは寝る前

美肌・健康効果を高めたい時は「夜」
美容・健康効果を期待するなら、夜に甘酒を飲むのがおすすめです。

米麹甘酒に含まれる麹菌には、メラニンをつくり出す酵素チロシナーゼを阻害してシミやくすみができるのを防ぐ美白効果があると言われています。また、肌の保湿成分の材料となるアミノ酸、肌の代謝を促すビタミンB2、ビタミンB6、ビオチンなどを含み、肌荒れや乾燥肌の改善にも効果的なのだそう。

夜は体が栄養を吸収する時間帯です。さらに寝ている間は、その栄養が肌や体に届けられるゴールデンタイム。夜に甘酒を飲むことで、効率よく美肌や健康効果を得られます。

ぐっすり眠って疲れをとりたい時は「寝る前」
疲労回復の効果がほしい場合は、寝る前に温めた甘酒を飲みましょう。あたたかい甘酒を飲めば一時的に体温が上がり、下がっていく時に寝つきやすい状態になります。米麹甘酒は多くの酵素や乳酸菌などが含まれていますが、これらは60℃以上で死滅してしまいます。夜寝る前は温かい甘酒が効果的ですが、酵素も効率よく取り入れたい場合は、温めすぎに気を付けましょう。

また、米麹にはエネルギー源である糖質、それをエネルギーに変えるビタミンB1、スタミナアップに効果的なアミノ酸が豊富に含まれています。「飲む点滴」と呼ばれるほどの優れた栄養価と疲労回復効果で、眠っている間もしっかり疲れを癒してくれます。

このようなさまざまな効果の期待できる甘酒ですが、夜寝るときにおすすめな理由が

甘酒に含まれるブドウ糖が、仕事で疲れ興奮した脳をリラックスさせ、睡眠の質を高めてくれるためです。

これにより、疲労回復効果が期待できるというわけですね。

1日の接収量の目安はコップ1杯分くらいなので、そこさえ守ればカロリーも高くないので問題はありません。

もしダイエットしている時は、朝食を置き換えるかたちで朝飲むようにしてみてください。

夜寝るとき以外にも甘酒を飲めば多くのメリットがあるため、いろいろな飲み方を試していきたいですね。

今楽天で人気の甘酒はこれだ!

甘酒には様々な効果がある事が解りました。また飲み方によっても様々な効果がある事が解りました。

\テレビ東京「ワールド・ビジネス・サテライト」、岐阜放送「Station!」、日本経済新聞でも紹介された話題のピュア米麹甘酒!/
↓       ↓      ↓

甘酒の効果的な飲み方は?甘酒が効果あるのは寝る前!のまとめ
>>チェック楽天市場甘酒レビュー件数の多い順

甘酒には様々な効果が期待されることがある事を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

甘酒を飲むことで、美肌になったり、ダイエットできたり、夏バテ防止になったりと良い事ばかりです。是非参考にしてください。

380

スポンサーリンク


スポンサーリンク
アドデンス




アドデンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドデンス