350

スポンサーリンク


初節句で女の子の雛人形は誰が買う?を調べてみました

女の子の初節句であるひな祭りはウキウキしてしまいますよね~!
でも、初節句の雛人形を実家や義実家のどちらの祖父母が買うのかを、
もめてしまう家庭は結構多いみたいです。

また、実家からは
「(自分の)お下がりの雛人形でもいい」って言われたり、

義実家からは
「夫の姉妹の雛人形をあげるわ~」って言われたり…
子供のお母さんとしては、
「どうしたらいいの~!!」となってしまいますよね。

初節句で女の子の雛人形は誰が買う?実家と義実家どちらの祖父母?
赤ちゃんの初めてのひな祭りに飾る雛人形。
この雛人形は誰が買うのが一般的なのでしょうか?
一般的には、
女の子の初節句は赤ちゃんのお母さん側の祖父母が、
雛人形を買ってあげることが多いようです。
しかし、今はそれほど「しきたり」にとらわれない家の方が多いみたいですよ。

父方・母方どちらの祖父母も雛人形を買ってくれない場合
実家からは
「雛人形は嫁いだ先で用意してくれるんじゃないの?」と言われたり
義実家からは
「女の子の初節句だから嫁の両親が雛人形を買ってくれるんじゃないの?」
と言われたり、
赤ちゃんのお母さんは頭を抱えてしまいますよね…。
でも、家庭によって経済状況も違うと思いますし、
「雛人形を買ったから生活ができなくなった」
なんておじいちゃんおばあちゃんに思われてしまっては、
せっかくの雛人形でも赤ちゃんが嬉しいはずがありません。
初節句に飾る雛人形の購入で1番揉めない方法は、
ベビーのお父さんお母さんがお雛様を買うことです。
「かわいいのがあったから自分たちで買おうと思ってる」
と言ってしまえば、
どちらの祖父母も納得してくれるはずです。

父方・母方どちらの祖父母も雛人形を買ってくれる場合
これはすごくありがたい悩みだと思うのですが、
「どちらの祖父母も孫に雛人形を買ってあげたいと言っている」
という状況も結構多いようです。
この場合、両方から雛人形を買っていただくと、
家には2つもお雛様を飾る場所がなく大変ですよね
それに、お雛様の顔の表情ってそれぞれ少しずつ違うし、
雛人形の大きさ好みの着物なども吟味したいのが親心です。
なので、こういう時はお金を両家から出していただき、
赤ちゃんの両親が気に入ったお雛様を購入する…
というのがいいみたいです。
中にはそれで気を悪くする祖父母もいるようですが、
それでもおじいちゃんおばあちゃんが
「孫のためにお雛様を買ってあげたい!」
と言ってくださるのであれば、
そのままお言葉に甘えて買ってもらいましょう!
【楽天市場】雛人形の通販

金銭的な理由で雛人形が買えない場合
金銭的な問題や部屋のスペースの問題で雛人形が買えない場合は
折り紙などで雛人形を作ってみてはいかがでしょうか?
ペタッと貼るだけのウォールシールなら、かさばらなくて便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Disney】ディズニー お雛様のウォールシール
価格:1990円(税込、送料別) (2018/4/9時点)

雛人形が怖い・嫌いで買えない場合
雛人形が怖くて雛人形が買えない場合には、
ディズニーキャラクターのとっても可愛い雛人形がありましたよ~!
これなら家においても怖くないんじゃないかなと思います。

子供の初節句となる桃の節句は、
子供の健康を願うことが第一ですし、
みんなが楽しく幸せに過ごせる日にしたいものですね。

380

スポンサーリンク


スポンサーリンク
アドデンス




アドデンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドデンス