350

スポンサーリンク


出産祝いやギフトに授乳下着ブラ・ショーツスウィートマミー

最近私の親戚の人が子供を産みました。出産祝いに何が良いかな調べていると授乳下着が

目につきました。大人可愛い授乳ブラ・ショーツスウィートマミーが良いみたいです。

レビューは7000件以上

妊娠したら赤ちゃんの成長と共に、ママのお腹も大きくなっていきますよね。
でも大きくなるのはお腹だけではありません。

妊娠中はバストサイズもアップします。
それも、妊娠前と比べると2サイズ以上大きくなると言われています。
そんなに大きくなったら妊娠前に使っていたブラは使えませんよね。

今はマタニティブラと授乳ブラが兼用で使えるものや、カップ付きインナー、授乳ブラでもフロントオープンタイプやクロスオープンタイプなど、多くの商品があります。
たくさんありすぎて、どれを選んでいいのか迷いますよね・・・。

どの商品も似ているし、「とりあえず付け心地が楽そうだから」や「授乳がしやすそうだから」なんて、簡単に選ばないで下さいね。
間違った選び方をしていると、胸が垂れることもあるので注意が必要ですよ。

授乳ブラはどれでもいいと思っていませんか?
デザインも種類も数多くある授乳ブラ。
どれも一緒なんじゃないの?結局どれがいいの?と疑問に思っているママはたくさんいると思います。
一時しか使わない授乳ブラを買うのはもったいないし、授乳後も長く使えるカップ付きインナーで授乳期を過ごす方も多いですね。
でも授乳のしやすさや、とりあえず安いのを買っとこう!なんて選び方をして、本当にいいのでしょうか?

授乳ブラとは「授乳がしやすいだけのブラ」ではありません。

妊娠中から出産後の授乳期間が終わるまでの間、ママのバストは大きさも形も変化します。
この時に正しい下着を付けていないと、卒乳後ママのバストはしぼんで、垂れてハリのない胸になることもあります。

授乳ブラは、授乳がしやすい事はもちろん、大きくなるバストを締め付けずに支えてくれ、
授乳期間が終わっても、ママのバストがきれいに保てるように作られています。

授乳ブラの必要性
普通のブラと違い、授乳がしやすい。

普通のブラと違って、授乳ブラは授乳がしやすい構造になっています。一般的には、「クロスオープン」「ストラップオープン」「フロントオープン」「ウィンドオープン」の4種類があります。

胸が垂れるのを防いでくれる
今授乳ママに人気のカップ付きインナーですが、卒乳後も使用でき授乳もしやすいと、本当に人気ですよね。でも、バストをきちんと支えられていないって知ってますか?カップ付きインナーで授乳期を乗り切ったママの多くは、バストが垂れてくるそうです。授乳ブラは、バストをしっかり支えてくれ卒乳後のバストの垂れを防いでくれるんですよ。

普通のブラと違い、締め付け感がない。
出産後、母乳が出るように乳腺が発達しバストが大きくなります。ですが、下着や服などでバストを締め付けてしまうと乳腺への血液の流れが悪くなり、母乳が作られなくなることもあるそうです。授乳中のママにとって、締め付ける事は良くありませんね。

肌に優しい素材
妊娠中から出産後も、ママのお肌は敏感になります。また、授乳中は赤ちゃんの顔に授乳ブラが当たってしまう事もあるかもしれません。赤ちゃんのお肌も弱く、とってもデリケートです。その為授乳ブラは素材にこだわって作られています。

ワイヤーは必要?
マタニティブラにも、ワイヤー入りのものとノンワイヤーのものがあります。
ワイヤー入りのブラだったら、普通のブラと同じなんじゃ・・・と思いますよね。
では、マタニティ・授乳ブラと普通のブラの違いについてご紹介します。

普通のブラジャーはマタニティブラ、授乳ブラには向かない理由
普通のブラジャーは、しっかりとしたワイヤーでバストを美しく見せるためのものです。
普通のブラジャーのサイズを上げても、形も大きさも変化していく妊娠中のバストには対応できません。
マタニティブラは、妊娠中に大きく変化するバストに対応できるよう作られているので、普通のブラとマタニティブラは全く別のものと考えたほうが良さそうですね。

ワイヤー入りとノンワイヤーはどう選べばいいの?
妊娠中も授乳中も締め付けたらいけないのなら、ノンワイヤーの方がいいの?と思ってしまいますよね。
実はワイヤーの有無は好みで選んで大丈夫だそうです。
普段家で過ごす時は、ノンワイヤーのもの。
家族でお出かけの時はワイヤー入りのもの、と使い分けても良さそうですね。

380

スポンサーリンク


スポンサーリンク
アドデンス




アドデンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドデンス