350

スポンサーリンク


土用の丑の日2018年はいつ?夏に鰻を食べる意味や由来と献立は

スポンサーリンク



夏本番になると、スーパーやうなぎ屋さんの店先で見かけるのが『土用の丑の日』!

今年2018年の土用丑の日はいつなのか?
そもそも『土用丑の日』とは何なのか?

そこで今回は、2018年の土用の丑の日はいつなのか、また土用の丑の日の意味も一緒に調べてご紹介しちゃいます!

土用の丑の日って?
まず、「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉です。
そして、昔の暦では日にちを十二支(子・丑・寅・卯…)で数えていました。

つまり”土用の丑の日”とは、土用の期間におとずれる丑の日の事を指しているのです。

土用は毎年違うので、土用の丑の日も毎年変わります。

さらに、土用の丑の日といえば夏のイメージが強いかもしれませんが、下記にある通り年に何回かやってきます。
立夏・立秋・立冬・立春それぞれに土用があるので、納得ですね。

いずれにしても、土用の丑の日は「季節の変わり目」といえます。
ちなみに、土用の丑の日と土曜日とは関係がありません。

【2017年の土用の丑の日】
1月26日、4月20日、5月2日、7月25日、8月6日、10月29日

【2018年の土用の丑の日】
1月21日、2月2日、4月27日、7月20日、8月1日、10月24日、11月5日

【2019年の土用の丑の日】
1月28日、4月22日、5月4日、7月27日、10月31日

2018年は夏に土用の丑の日が2回あります。
この場合は7月20日(金)を「一の丑」、8月1日(水)を「二の丑」と呼びます。

このように、1年に何回か土用の丑の日が訪れますが、最近では土用の丑の日といえば夏というイメージではないでしょうか。
>>ウナギのレビュー件数多い順

↓クリックすると商品ページに移動します↓

スポンサーリンク



「土用の丑の日」は誰が考えたのか?

江戸時代に「『う』のつくものを食べると夏バテしない」という言い伝えがあったなど諸説ありますが、最も有名なものは江戸時代の発明家・平賀源内が、うなぎ屋の広告PR案として考えたという説です。

とある江戸のウナギ屋が、平賀源内に「商いがうまくいっていきません。どうやったら夏にうなぎが売れるでしょうか」と相談したそうな。

すると源内先生、「けふ(きょう)は丑の日」と書いた張り紙を書いて、宣伝しなさいとアドバイス。おかげで店は繁盛したそうです。でもって、これを他のウナギ屋も真似をして、風習として根付いた…というものです。

「うなぎ」を取り入れた夏バテ防止にもなるおすすめ料理。

ウナギ以外には「う」のつく食べものがよいといわれます。
「丑(うし)の日」の「う」ですね。
例えば、うどん・ウリ・梅干し・ウサギ・馬肉(ウマ)・牛肉(ウシ)など。

いずれも栄養価が高い、または食欲がなくても食べやすい食材ばかり。
平安時代から室町時代には「めぐり」という水団(すいとん)や小豆、ニンニクを食べていたと伝わっています。
「食べて元気をつけよう」というのは、共通のようです。

土用の丑の日とはそのまんま、『土用(の期間中)の丑の日』でした。

ということで毎年土用の丑の日が違う日になるのには、きちんと理由がありましたね。

スポンサーリンク



380

スポンサーリンク


スポンサーリンク
アドデンス




アドデンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドデンス